剃るist(ソルィスト)宣言!

NO IMAGE

さて、長らく肩書きを『剃毛師』として活動して来た私なのですが…

昨日急に『剃毛師ってメンド臭くね?』という思いが溢れてしまいまして、肩書きを変える事にしました。

新しい肩書きは…

剃るist(ソルィスト)と言います。

『剃る』に英語で「何かをする人」「専門家」「主義者」を意味する接尾語『ist』をつけました。

読み方は『ソルィスト』英語のsoloist[soulouist:ソロイスト]の捩りですね。
因みにsoloistは聞き馴染みのある『ソリスト』(フランス語のsoliste[sɔlistə])と同じ意味です。

剃るist:剃るをする人、剃る専門家、剃る主義者

…ね、そのままでしょw

実をいうと『剃毛師』よりも先に『剃りすと』という肩書きを考えてたんです。

でも、なんというか、、、世の中に迎合しちゃったんですよね〜(; ^ω^)ニャハハ

 

『剃りすと?なにそれ?』と少々小馬鹿にされる感じで聞き返されるんじゃないか…って思ってたんですよね〜

なので『剃毛師』という『剃毛?、毛を剃る人?、、、床屋さんですか?』みたいな一般人にも肩書きからなんとなくその仕事内容を想像してもらえるであろう肩書きを採用したんです。

結果、その狙いはバッチリとハマって『剃毛師』という肩書きで笑われたり全く的外れな職業を想像される事はありませんでした。

…なのですけどね。

世の中に迎合した結果『剃毛師』は良くも悪くも『剃る』専門家として認識されてしまい、一般的な人々が剃毛に持つイメージ『ムダ毛処理である』『肌が痛む』『脱毛したら不要』などのイメージの呪縛を自ら受け入れてしまう事になっちゃったんです。( *´Д⊂ グスン…

もちろん解ってる人はいらっしゃってちゃんとお客様になってくださいましたけれど、残念ながらそれは少数なのですね。

交流会とか行くじゃないですか?
そこで『解ってる人』と話をしたいのに、その何倍もの『解ってない人』に説明するという作業がたくさん生じるんですよ。

そして『解ってない人』に一生懸命説明して美肌剃毛体験をしてもらっても、その人が『解ってる人』になる事は非常に稀なんです。

その上『解ってない人』のまま珍しい職業である『剃毛師』をまた『解ってない人』に紹介するんですね。

いや〜、大変だ〜

今思うと、ホントに大失敗でしたね汗

 

…で。

 

いい感じで『失敗』が蓄積されたんですね。

レベルアップの刻が来た訳です♡

 

当初思ってた『剃りすと』がいい感じでブラッシュアップして『剃るist』という肩書きに進化した訳です。

 

『剃るist?なにそれ?』と少々小馬鹿にされる感じで聞き返されても平気ですw

いやむしろ、そういう人はその場で線を引けるのでウエルカムですよ♪

そういうレベルになったというお話ですฅ^•ω•^ฅわーい

なのでね。

このサイトの料金表をはじめ剃毛師云々〜というのはいちいち消すのもめんどくさいし、Shaving.Tokyo自体もカード決済とかの体もありまして一応そのまま残しとくんですけれど、

ぶっちゃけ料金の設定の仕方とかもガッツリ変わってるんです。

 

>剃るist技術料金

基本部位【1分 170円】

剃毛特殊部位(VIO) 【1分 350円】

その他出張費用やイスなどの持ち込みはオプション扱い

↑上記ルールで見積もり。
実際の施術で内容変わらなければ時間超過しても追加料金は発生しないです。

 

ん〜、シンプル♪

簡単にいうと『お顔剃りのみ』で出張しない場合ならレディスでだいたい30分なので5100円くらい。
アフターエステ入れたら+15分でトータル45分なので7650円。
VIOの剃毛ならメンズでだいたい45分が基本なので15750円って感じ。

 

まぁ、ぶっちゃけ『剃毛を必要としてる人』に『適切な内容』で施術する人が剃るistであるあたしという事です。

なのでね。

そういう人は気軽に声かけてください。

 

そして単なる人脈として興味本位で近づいてくる人はね。。。
(・∀・) カエレ!!

 

 

 

フリーライトカテゴリの最新記事