自分が満たされる言霊

自分が満たされる言霊

朝起きてフェイスブック(以下FB)を開いたら一番最初に目に飛び込んで来たシェアエントリーがとても気になったのでおもむくままにリンク先へ飛んで拝読しました。

エミール・クーエの暗示で難病があっさり 自分で暗示をかけるには

ブログ主の方は全く存じ上げていなかったのですが、とても印象に残るエントリーだったのでそのまま私もFBでシェアさせていただいたのです。

でもそれだけでは足らず、なんと言うかすごく気持ちが溢れてるので、そのままの勢いで今ブログを書いてますw

腑に落ちる言葉、落ちない言葉

先のエントリーで紹介されていたのは以下の言葉です。

日々に、あらゆる面で、私はますます良くなっていく。

そしてそれと共に原文である

Every day, in Every way, I’m getting better, and better. (Emile Coue)

が紹介されていたのですけれども、雪凛にはこの原文が凄く入って来たんですね。

それは別に『意識高い系』な英語信仰とかではなくて、なんと言うか、、、

スッと自分に馴染むみたいな感じ…ですかね?

ぶっちゃけ雪凛の英語力なんて大した事無いわけですが、今回の言葉はスッときたわけです。

「満たされる言葉」自体の発見も素敵な事だったのですけれど、それとは別になんで英語の方がスッと入って来たのか?…凄く気になったんです。

同じ事を言ってるはずなのに、何で差がついてしまうのでしょう?

言語体系とは別に言霊にも相性があるのかも?

で、しばし考えて閃いたんです。

先のブログで紹介されていた和訳

『日々に、あらゆる面で、私はますます良くなっていく』

ですが、この言葉って雪凛の普段の喋り方と全然マッチして無いんですよ(汗

雪凛は言い回し的にこの言葉をチョイスして話しませんw

でも、日本語は解るので、文面をその言い回しのまま理解しようとしちゃうんです。

つまり「理解しようと考えちゃう」

なので『とても良い事言ってるな〜』とは感じるもののイマイチ馴染まないんですね。

そんな所に原文でEvery day, in Every way, I’m getting better, and better.

と、雪凛的にとても解りやすい英語が来たものだからピンときた訳です。

上の文章を見たとき、雪凛は日本語で言うと…

『毎日、色々な時、私はすっごく良くなってる』って感じに捉えたのです。(※『訳したのです』では無いところがポイント!)

そう、翻訳の良し悪しとか正誤とかそう言う話ではなくて、ただ単純にシックリくる言葉を得たって事です。

Don’t think, Feel. そしてその続き

ここまで来た所でふと雪凛の頭に有名なブルース・リーのセリフが浮かんで来たのです。

Don’t think, feel.

それで凄く気になったのでググってみたんですね、そしたら雪凛は初めて知ったのですがこのセリフはこれだけではなくて続きがあったそうです。

Don’t think. feel! It’s like a finger pointing away to the moon. Don’t concentrate on the finger, or you will miss all the heavenly glory.

グーグル先生に翻訳してもらいますと…

考えないでください。感じる!それは、月を指す指のようなものです。指に集中しないでください。そうしないと、天の栄光がすべて失われます。

言いたい事は解るのだけど…かなり微妙な翻訳w

で、更に調べたら解説してくださってるブログを発見しました。

ビジネス読書会ブログ様のエントリー

あの名セリフ「Don’t think. FEEL!」の後に続く含蓄に富んだ言葉、知ってますか?

そこで本来のセリフが故事に因んでる事が紹介されていて、そこからセリフの意味をまとめて

指を見ていても、月は見えない。
真実を見据えれば、言葉がわからずとも真実にたどり着ける。

と表現されていたのです。

おお〜!なんだか凄くシックリきたのです♪

今までは言霊ってその言葉が持つ波動(?)と言うようなイメージで、一つの言葉に一つの波動が固定されてるみたいに感じてました。

だから例えば「感じる」と「feel」には似てるけれど厳密には違う言霊を持ってて、言葉のチョイスで意味が微妙に変わってくる…という「理解」だったんですね。

でも多分、それだと指を見てる事になるんですね。

でも違うんですね。

月を見なくちゃ、、、

と言う事です。

いや、この場合は感じるかなw

言葉を一言一句大切にする事は大事だとは思うのです。

だけど、本質的にはその言葉が持つチカラの本質に触れるのが大切な事なのですね。

なので自分に合った言い回し、表現と言うのも決して邪道では無く、むしろ良い言葉をスッと「感じる」為には違った言い回しを探してみるのも結構大事な事なのかもな〜って思ったのです。

「自分にとって心地よい」

それは言霊にもあるんだな〜…と

量子的、波動的な捉え方について少し理解が深まった気がします♪

フリーライトカテゴリの最新記事