【レシピ】クルミのキャラメリゼ【なぜ?】

【レシピ】クルミのキャラメリゼ【なぜ?】

雪凛がいつも持ってる非常食w

雪凛のバッグにはいつも謎のボトルが忍ばせてあります。

これは雪凛のスペシャルおやつ『クルミのキャラメリゼ』です。

小腹が空いた時や思わずジャンクなモノを食べる時に先に食べとく『低GI食品免罪符(?)』として食べてますw

家にはほぼ常に材料をストックしてあって、足りなくなると作ってボトルに補充しています。

そして、パーティーや撮影現場やお呼ばれの時にはこれを差し入れとして持って行くのです。

これがですね、老若男女から絶大な支持を得ているので今や雪凛定番の『スベらないお土産』となっているんです!

前日時間がなくて作れず持って行かなかった撮影現場ではあからさまにガッカリされたというエピソードもありましたねwww

 

…で。

 

色々なところで『レシピ教えて』と言われ口頭で説明するのですがイマイチ伝わらない事もありまして『そのうち詳しいレシピを写真付きでブログに書くよ』と言い続けて早半年。

流石に皆さまから『やるやる詐欺だ!』と言われそうなので満を持して書こうと思います。

材料・用意するもの

・生クルミ(最初からローストされたモノでも可) 200g

・ココナッツシュガー(普通の砂糖でも可) 大さじ10

・バター(有塩でも無塩でも可) 20g

・水 大さじ7~8くらい

・お好みのドライフルーツ 50~60gくらい

 

・フライパン(なるべく底が平らで深さがある方がかき混ぜやすい)

・ゴムベラ

・オーブンシート

クルミの準備(ロースト)

まずクルミです。

雪凛はAmazonで買ってますw

厳密な量の決まりはないですが、雪凛基準は200g

これをまずローストします。

フライパンで乾煎りしても良いのですが、雪凛はオーブントースター使っちゃいます。

オーブントースターににより焼け具合は全く変わりますので注意ですが、

雪凛の所では強火で4分30秒くらいが目安。

こんがりいい香り〜♪

ローストのポイントは香りですね、焦げ臭くなる手前がベストです。

ロースト終わったら渋みの原因薄皮をザルを使って落としつつクルミを大雑把にクラッシュします。

ドライフルーツとバターの準備

クルミだけをキャラメリゼしてもとても美味しいのですけれど、ドライフルーツを入れると味と食感にアクセントがついて良いです。

基本的にどんなモノでも良いですが、雪凛オススメはマンゴーとイチジク。

マンゴーのフルーティーな香りと甘酸っぱい味、イチジクのツブツブ食感とコクのある味がキャラメリゼをワンランク『お高級な感じ』にしてくれる事請け合いですw

雪凛はこれまたAmazonで購入w

量はお好みですが、ドライフルーツの方がクルミよりキャラメル(?)が馴染みやすく吸ってしまうのでクルミの量に対して1/4くらいにしといたほうが良いと思われ。

測ったら適当な大きさにカットしておきます。(キッチンハサミを使用すると楽)

そしてバターです。

これはキャラメルにコクを出すアイテムです。

これまたなくても良いのですが『お高級感』に大きく寄与しますので入れる事推奨!

今回は有塩使いますが、無塩でも可。

20gしか使わないので味にそこまで大きな変化はありません。

ココナッツシュガー液の準備

もちろん普通のお砂糖でも作れるのですが、ココナッツシュガーで作ると最初から独特のコクがあるので普通のお砂糖でキャラメリゼする時の『シビアでタイトな火入れタイミング』を大幅に簡単にしてくれます。

さらに低GIなのでクルミの低GIと相まって『免罪符感w』があるので良い事づくめなのでオススメw

ココナッツシュガーもAmazonで購入できますが色々使ってみた結果、雪凛は道の駅で購入する上記のブランドのモノに行き着きました。

メーカーや銘柄によって本当に味がすごく違うので最初は色々試してみると良いと思います。

フライパンにココナッツシュガー大さじ10杯投入!

続いて水大さじ7〜8杯。

お水の量は多いほど砂糖を溶かしやすくなりますが、蒸発するのに時間がかかります。

少ないとこの後の工程で砂糖が溶け難いのでだいたいバランスの良い感じが7〜8杯という事です。

ゴムベラを使ってフライパンのそこにこすりつけるようにして滑らかになるまで全て溶かしこみます。

クルミとドライフルーツ混合

キャラメリゼ前に前もってクルミとドライフルーツを混ぜ混ぜしておきます。

いよいよキャラメリゼ!

全部準備できたら最後にキャラメリゼを広げて冷ますオーブンシートを平らな場所に広げていよいよフライパンを日にかけます。

火は中火、駅に十分なトロみが出るまでは一切かき混ぜたりしないで見守ります。

泡立って来ても放置プレイ!

ここまで来ても放置プレイ!!

そしてついに!材料投入〜!!

そしてオーブンシートの上でよく冷ましたら完成です!

 

ポイントは

・材料の準備を完璧にしておく

・バター投入のタイミングの見極め

・材料を手早くかき混ぜつつ香ばしい香りが出るまでの追加熱

・最後まで火を止めない

と、いう感じです。

美味しいのでぜひ作ってみてくださいな♪

フリーライトカテゴリの最新記事